HOME>アーカイブ>最低限知っておきたい情報とその仕組みとは何か

なぜ買い取りをしてくれるのか

バイク

バイクを所有している場合でも特にエンジンに問題ない場合や見た目に問題ない場合ならば、それなりの金額で売れます。当然その車体をほしいと考える人もいるでしょう。しかし、バイクの事故車や不動車の場合にはなかなかそのバイクを購入したいと考える人はいません。それにもかかわらず、バイクの買い取り業者はお金を払ってでも買い取ろうとします。なぜ、消費者が欲しがらないものをわざわざ購入するかといえば、バイクそのものに関してはそれほど価値はないもののパーツごとに分けていくと価値があることがわかります。例えば、タイヤが新品の場合にはそのタイヤだけをばらして売却すればそれなりの金額になるでしょう。

なぜ時期によって相場が異なるのか

相談

バイクの事故車や不動車を売却する場合には、売却する時期によって査定金額が異なる場合があります。特に、春の場合には相場が上がりやすくなるでしょう。なぜなら、新学期にバイクを購入したがる学生などがいるからです。また、社会人になった場合でも車を購入することができなくてもバイクを購入して通勤に使う人もいるでしょう。そのような理由から、新学期かその少し前ぐらいに売却すれば高値で買い取りをしてくれる可能性があります。

キャンペーンによる買取もある

バイク

事故車や不動車をバイク販売業者に売却する場合、キャンペーンなどが行われていることがあるでしょう。キャンペーンは、通常よりも5パーセントから10パーセント程度高値で買い取ってくれることが多いです。このような仕組みが可能になるのはバイク販売業者の顧客から買取お願いされている場合です。特に複数のバイクを同時に購入する場合それらを買い取り業者は市場から集めなければいけません。普通の査定額では集まりませんので、キャンペーン期間として少し高めで買取をするようにしている仕組みです。

広告募集中